この一年を振り返って・・・

  • 2016.12.22 Thursday
  • 12:40

あっという間に12月。今年もカウントダウン。
去年の今頃はラトビア・エストニアのダンスフェスティバルに参加している頃。素晴らしい良い経験でした。





あれから1年。
2016年を振り返ってみます。

1月頭に毎年行っているウインターパフォーマンス。

生徒たちはバリエーションを主に踊り、わたしは白鳥の湖のスペインの踊りを踊りました。




その2日後、スタジオ退去の手紙を貰い、その時は本当なのか何なのかよく分からずピンと来ませんでした。

そしてウインターパフォーマンスの前からオカシイなぁと思っていてもしやもしやこのタイミングだとしたら出来過ぎのシナリオと思いましたが、そのまさか。
スタジオ退去の驚きと妊娠の驚きで❝これは事実?真実?❞これからわたしどうする?!どうなるの?!❞と驚きの1月でした。

そんな1月から始まった2016年、こんなにたくさんの変化があるとは予想も出来ませんでしたね。


良い年でもあり難しい年でもありました。良いことも悪いことも私に与えられた。この運命をどうしていくのか、私の生き方を考える機会になりました。
でも考える機会を与えられたけど、答えを出して結論は出すような状況ではなく、「なるようになる」、そして「できることをやる」。



2月と3月は悪阻でほぼ寝たきり。寝てても辛い、起き上がるのはもっと辛い。

エマージェンシールームにも駆け込み、あの日々は長かったな、辛かったぁぁ。


3月はコンクールもあったのでヨレヨレしながら青い顔で難度かスタジオには行きましたが、さすがに引率は断念。
Liveでコンクールの様子を横たわりながら見届けました。




4月にやっと気分も良くなってスタジオに通えるようになりました。

発表会の振り付けとリハーサル。今まで通りの叫び声もようやく復活!?笑笑



義理父が癌の宣告を受けて、初孫の知らせをして喜んでいたところ、しかも義理母が3月末を持って定年退職して、これから楽しい老後生活を!と色んな話しで盛り上がっていた矢先の4月1日、エイプリルフールかと思うようなあまりに残酷でした。

5月5日は義理父の誕生日のお祝いに駆けつけ寿司ケーキでお祝い。すっかり元気を無くしていた義理父も少し元気を取り戻しました。家族で集まる大切な時間でした。



そして5月は発表会リハーサル最終!



お腹が少し大きくなってきた妊娠5ヶ月、わたしはシンデレラの仙女として少しだけ舞台に立ちました。幸せでした。



今年の発表会はジュニアはパキータとスクール全体でシンデレラをやりました。


パキータはコールドの練習のためになり毎回音のカウントや揃えることを何度も必死で練習しました。

私の怒りの叫び声がどこまで響いたことか・・・

コールドバレエは必ず経験しないといけません。とても良い勉強になるのです。
そしてシンデレラもとても良い評価を頂きました。好評でたくさんの良いお言葉を頂けて皆んな頑張った甲斐がありました!



発表会の準備と同時にその裏側でスタジオのオーナーとのやり取りでイライラする日々。

イライラというより不安の方が大きかったな。
ハリヤマバレエは無くなるのか、どうしたら良いのか、悩んで悩んで毎日悩んだ日々でした。
深呼吸、深呼吸。
慣れない弁護士を通してのやりとりでした。

こういう時にこっちの人だったら強気で裁判したんだろうな・・・。でもあの時期の私にはその気力はありませんでした。
仕方ない。


6月を持ってスタジオは出ることになってしまって、あれは気持ち良くない終わり方だけど、また続けられるスタジオが幸運にも近場に見つかりました。

新しいフロアを張って、タップもコンテも続けることが出来て、とりあえず何とかなりそう!

6年過ごしたスタジオとはお別れです。



新しいスタジオのロケーションは申し分なく43ストの5番街。
ビルのスタッフの方々も色々とハリヤマバレエの環境を整えるため努力して下さり、恵まれていると思います。
そんなこんなで6月はスタジオクローズのドタバタ、

今思えば良く妊娠7ヶ月でバー外したり大きな荷物運んだりしてたな・・・。




スタジオでさよならパーティー。逆サプライズで生徒たちにお祝いしてもらいました。

感激してます。



みんなありがとう!!!

ありがとう!!!

ありがとう!!!



7月頭になんとか新しい場所に新しいフロアを張り、無事にオープンを見届けました。
アメリカでは計画通りに工事が進み、計画通りにオープン出来るのは本当にまれ!!!



義理父の容態は癌が転移、進行し、宣告から3ヶ月、お水数的しか飲めない状態になっていました。



悩みに悩んだ出産場所を日本にすることに決めました。

最後まで悩みました。頭も混乱しました。
義理父のこと、スタジオのこと。どれだけ考えても何が正解か分かりませんでした。
でもこちらのドクターが「産んだ後にサポートが多いところで産む方が良いよ」と言ったのが決め手で日本に帰ることに決めました。
その前に義理父にもう一度会いに行って、日本へ帰国。

こんなに長く日本に帰るのは渡米以来はじめて。


30週を超えての長時間フライトも心配されましたが無事に帰国。

夏の日本。
そして日本のコンクールにはじめて生徒を出しました。日本での引率は大好きな街の金沢。


大きな野望を持つ小さな生徒は1位を頂きました。嬉しかった!




それから日本での夏はレッスン指導と個人レッスンをしたり、バレエ公演を観に出かけたり、充実した日を過ごしました。

公演後のアナニアシヴィリにお腹を触って頂く。





だんだんお腹がポンポコリンになって来ましたが、有り難いことに皆さんに驚かれる身軽な妊婦。

この写真↓は生まれる1週間くらい前か。



残念ながら義理父は孫に会えずに亡くなりました。

運命は時に残酷です。

唯一良かったと言えることは宣告を受けてからの3カ月、義理父家族はずっと寄り添い、1つになって絆を深め、共に過ごし、義理父は今までで一番長い時間を家族と共に過ごしました。
義理父は人生幸せだった、と言っていました。

わたしからも義理父にたくさんの有難うを送りました。

そしていよいよ9月。ベビーはカウントダウン。いつでも来ていいよ!!



9月8日、義理母と義理姉が日本に義理父の納骨のために到着し、我が家にやって来ました。

ちょうど同じ日に姉の愛美もベルリンから日本に到着。
日米の家族が集結し、ウエルカムtoジャパン!なんて言いながら乾杯しました!

するとその日の夜中に待ってましたと言わんばかりに破水!

タイミングの宜しい娘。日米家族が揃ったことを見計らったようでした。
9月9日、無事に出産。





わたしがお母さんになりました。
生まれた日は義理父の49日でした。娘、スゴイ!!!
家族が本当に終結した日に産まれました。


子育ては決められたことを毎日出来るわけがなく、赤ちゃんは時間構わず何かしら欲求する。
母になった実感は産まれてすぐ湧くものでも無いですね。産まれてからも何度も不思議な気持ちがしました。

でも日に日にこの子は我が子なんだなぁ、って愛おしくなる瞬間が増えていきます。






10月、産後の体調もよくワイダンススタジオで指導復帰しました。

たくさんの生徒さんが来てくれました。
元ハリヤマバレエの生徒もたくさん来てくださいました。

やっぱり指導って、バレエって楽しい!




そして娘が生後2カ月になるのを待って、11月アメリカに戻りました。

気になっている生徒たち見たさに日本から帰ってきてすぐ指導に復活。
生徒たちには内緒にして帰ってきたので突然の登場にみんなびっくり!!

喜んでくれました。



今回はただの復帰とは訳が違い、娘と一緒に復帰。
娘はたくましく飛行機を経験し、マンハッタンを経験し、すくすくと育っています。



スタジオで泣かない子になって欲しいな〜。そしたら一緒に連れていきやすいなぁ。

スタジオでニコニコとレッスン風景を見て喜んでくれたら最高なんだけどな。

でも音楽は大好きみたいなので!

音楽があれば泣き止むことが多いです。お家でもピアノを弾いてあげるとよく聞いてくれます。


早くからアチコチ連れ回されて色々経験させすぎ・・・と家族には言われていて…

でも無理はさせないようにちゃんと見て守るところは守っています。
彼女がいるからわたしも頑張りたいし頑張れる。

日々にメリハリが出来ました。


でも本当は出来れば自分のレッスンもしたいなぁ。

指導復帰して感じるのは体力、筋力の衰え。汗
20代の時は5クラス連続でバリバリ指導してたけど、体力も筋力も落ちていることは感じますね。
これを戻すにはレッスンしかないんだよな〜〜。

指導復帰は出来たけどダンサーとしての復帰は厳しい道です。
でももう一度舞台で踊れるようになりたいと思ってます。



そんなこんなで12月。

ハリヤマバレエのクリスマスパーティーが先日ありました。


3歳からジュニアは高校生までの沢山の子供たちが参加して皆パフォーマンスしました。


30曲も作品があったんですよ!盛りだくさんです!

クリスマスパーティーが終わったら来週は参観ウィークがあります。

これにて2016年は終了です!!

1年、本当にあっという間。

でも子どもたちは確実に成長しています。

縦にも横にも・・・。笑

ってそういう話しじゃなくて、精神的にも技術的にも、色んなものを全身から吸収している。

育てるって本当に責任のある任務です。

それを自覚して子供たちに接したいと思います。




さて、来年の予定。

仕事始めは私の故郷、❝大阪❞からになります!

1月4日の特別ワークショップIN大阪(チャコット西心斎橋スタジオ。


http://mperformingarts.blog.fc2.com/blog-entry-146.html



そして2月にはニューヨークで発表会の振り付け開始になると思われ。

その発表会は6月4日・日曜日の予定です!

今回の演目は何かな?何かな?



そして7月3日からは❝ヤングダンサーズインテンシブ❞!!


http://mperformingarts.blog.fc2.com/blog-entry-148.html



7月30日からは❝ニューヨーク・サマーインテンシブ❞!!


http://mperformingarts.blog.fc2.com/blog-entry-145.html



続々と2017年もイベント満載になりそうです。

何はともあれ2016年ももあと少し。

体調を壊さないように過ごしましょう。


みなさま今年一年本当にありがとうございました!また改めてお礼を書かせていただきます!


マタニティと優先座席での譲り合い

  • 2016.11.07 Monday
  • 17:15
これ、わたしが8月頭に書いたブログ。
書いたけど更新していませんでした。NHKを見て書いたことを思い出しました。
せっかく書いたのでやはり更新しておきます。

************************
夏本格化ですね。暑い。
日本に帰ってきて約1ヵ月がたとうとしています。元気に楽しく過ごさせていただいています。
指導も楽しく、そしてすばらしいバレエ公演を見たり、バレエの発表会やコンクールにも足を運んで勉強しています。

日本に帰ってきて、それはそれは感心と感動することがたくさん。
「日本大好き!」

日本は清潔、きれい、ゴミが落ちていない。(ニューヨークはゴミ落ちまくり。夏は道も臭い。日本人はゴミを捨ててはいけないと言うルールをみんなが守りますよね。しかもゴミを持ち帰る!スゴイ!)

公共トイレがきれい。(アメリカでは便座には絶対座るべからず。)

店員さんのサービスが丁寧。(日本のお店の店員は本当に丁寧です。そのように教育をされているのかもしれませんが、すばらしい気遣い。アメリカでのカスタマーサービスはお客様は神様なんていう言葉は全くない。)

物がなくならない。(アメリカでは自己責任。荷物を置いたらなくなります。なくし物をしたら戻ってくる事はあきらめます。)

とにかく日本の良いところを話したければたくさん出てきます!


でも不思議なことがあります。

優先座席。

私はいまお腹が大きいです、元気なので出歩いています。
出歩けるぐらい元気なので座席を代わってもらうのが当たり前とは思っていません。

でもアメリカで電車やバスに乗るとすぐに誰かが立ち上がって、どうぞと声をかけてくれました。
ドアを開けてくれたり、皆が気遣ってくれます。

でも日本に帰ってきてから優先座席の近くにいても代わってもらえないことが結構あります。
私がもし優先座席に座ったら誰か必要な方が来るかどうかは駅毎に気にするでしょう。

先日だいぶ年配と思われる女性が私の前に立ちました。優先座席の前でした。
つり革を持ってもヨロヨロと立っていらっしゃるので、私は「もうすぐ降りるのでお席をどうぞ」と言いました。
彼女はお腹の大きな私を見て驚いたように「いいえ、あなたが座っていてちょうだい。」と言って遠慮されました。
他に優先座席に座っていた人たちは誰も声もかけませんでした。。。

必要ありませんと言われたらそれで良いのですから、どうして声をかけないのか不思議です。

優先座席に座っている若い子、スマホをしている人、寝ている人。
日本人はマナーがよく、心優しく、海外から称賛される素晴らしい国民性なのに優先座席のマナーは?

わたしが日本に来てから電車で妊婦の方を見かける機会が少ないです。アメリカでは地下鉄もバスも毎日妊婦を見かけていました。
日本は少子化だからかもしれないけど、妊婦はあまり出歩いていないのかな?
妊婦は電車に乗らないのかな?と思ってしまったほどです。

テレビでマタニティーマークをつけるか・つけないかと言う特集がされていて、つけると嫌がらせを受けるとか、それが怖くてマタニティーマークはつけないとか、、、。
悲しいですよ。恥ずかしいことですよ。理解ができないです。


アメリカだったら産む寸前までバレエをしたり、仕事したり、普段通りアクティブに生活をするように言われます。
妊婦も仕事をします。妊婦も外出をします。
何かに遠慮する必要は全くありません。
別の朝の番組でも、新幹線で子連れ専用車両があったほうがいいかどうか?と言う議題が出されていて、そもそもその議題が出る事がちょっと残念。

他人の子供が騒ぎ出し、ゆっくりできず、イライラさせられることは確かにありますが、でも子供時代はみんなあった
親が騒ぐ子供に何もせず周りに配慮が無いのは良くないけどね。。。
話が変わりましたが、元に戻ると、優先座席であっても・なくてももう少し気配りがあるといいのに、と思うのでした。

産後の運動、バレエ復活はいつから?

  • 2016.09.24 Saturday
  • 07:02
先日ツイッターで質問した、『産後のバレエに復活して良い時期』についてですが、SNSで色々なアドバイスを頂きました。


まず最も多かったのは

《産後の母体は思ったよりもダメージを受けている。特に内部が傷ついているので無理をしてはいけない。》
ということでした。


そしてこちらも多かったアドバイス。 《産後に焦って無理をすると更年期障害が重くなる。》


こちらはピラティスの先生よりアドバイス。
『骨盤底筋を使う(トイレがまんの意識)ことと腹横筋(お腹をへこませる)を同時に、深く呼吸しながら行うと子宮の回復が早いですよ。 体の動きはなく、イメージで動く筋肉。産後は臓器が傷ついているので、まずはそこからがおすすめです。』


こちらはヨガの先生よりアドバイス。
産後はとにかく体の内部が傷ついてる事が多いので、急に復帰しちゃうと後々大変(とくに運動していた人達は自分の体力等に自信があるので)になるので、とにかく三ヶ月は安静にして、お医者さんのOKが出てから徐々に戻るのが良いと言われています。
呼吸法とストレッチは良いかもしれませんね?
産後六か月まではホルモンの関係で引き締めようと思えば産前よりも引き締められるそうなので興味有ればお試し有れ☆です。』


こちらはバレエをされている2児のママからアドバイス。
『体は元に戻るべく変化してるのでやはりしばらくは安静が良いのかも…。 抱っことかで腕、首肩も筋力かたよるので先ずは腕のストレッチ(肩こり緩和)くらいから始めてみてはどうでしょう?
赤ちゃんが外に連れ出せる月例から母体も回復って聞いた気がします。』
とのこと。


とにかくいつからバレエを始めるという具体的な月数は分からないものの、無理をすると良くない!という事は口々に言われました。


病院では仕事復帰は出来れば6か月と言われました。随分と長いけど、これは母体だけでなくホルモンの変化も著しいママの精神面と赤ちゃんの事を一番に考えて言われていることで、
もっと早く復活する人も多いけどやはり大変なことが色々あると言っていました。
なかなか6か月も産休取れないとは思いますが。。。


ちなみに私は先日、出生届と他様々な手続きのために外出し、そのあと用事があった郵便局により、久しぶりの外出をしましたが、その後は子宮の痛みが少し強くなり、出血もやや増えたので、ちょっとした外出も影響があるんだと実感しました。


バレエが出来るのはもう少し先かと思います。
産前より産後の方が運動出来ませんね。
筋肉が落ちるのも産前より産後ですね。


鍛え直し。どうせなら歪みも全部取り払って一から鍛え直したい!!、、、けど抱っこや授乳の姿勢で既にまた別の不調が現れてきてます、、、(; ̄O ̄)


人はそれぞれ皆んな身体が違うので産前産後もそれぞれ違いますが、とにかくスローペースで今の時期は過ごす、という結論でした。

産後のママさんたち参考にしてくださいね。

☆ご報告☆

  • 2016.09.17 Saturday
  • 16:31

知らせてくださいねっ!!とニューヨークや日本で沢山の方に言って頂いて、、、

 

 

 

 

 

 

 

この場をお借りして皆様へ
☆ご報告☆

 

 

 

 

2016年9月9日

 

 

元気な女の子を授かりました。

 

 

皆様に、神様に、運命に、沢山の感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして出産を通して、助産師の方々、医師を心の奥底から尊敬します。

 

 

 

 

 

 

 

日々、時間を問わずやってくるお産。命を取り上げると言う大きな仕事。

 

 

お産は壮絶でした。想像なんて出来るレベルではありませんね・・・。

 

 

二人三脚でサポートして下さった助産師、医師の皆さんに本当に感謝・感謝です。

 

 

その後の回復のケアから、授乳や何から何まで丁寧に優しく教えて頂いて、たくさんお世話になりました。

 

 

伊東市民病院の皆様ほんとうにありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

退院してお家で過ごしはじめています。

 

 

 

彼女はどうやらピアノの音が好きみたいです。

 

 

顔をクシャクシャにして泣きそうになったときピアノを弾いてあげるとフゥーッと落ち着いて眠りに落ちていきます。

 

 

とは言え生後7日なのでまだ分かりませんが、3回はそれで成功しました。笑

 

 

 

 

 

 

 

バレエも好きかな??スタジオに連れて行った時に判明するかと思います。


ママは産まれる当日までバーレッスンしてたんだよっ。

 

 

時期に授乳しながら指導する日が来そうですね。

 

 

お腹にいる間に聞いていたレッスン曲、覚えているかな???

 

 

 

 

 

よく10カ月もお腹に入っていたね。

外の世界に出て来て両手両足を大きく伸びする姿が可愛いです。
わたしは今は眠気と闘いながら新米ママとしての生活がスタートしました。

 

 

近いうちに皆さま、生徒たちに会えることを楽しみにしています!

 

 

今後ともよろしくお願いします!

 

 

 

 

 

8月も残りわずかで新セメスターの準備とワタシの夏

  • 2016.08.22 Monday
  • 12:43

8月も残すところ約1週間。あっという間ですね。

夏休みも終わりかけ、子供たちは学校の準備を始めているでしょうか?

子供たちだけでなく、大人も、私たちも、ハリヤマバレエも新学期に向けて準備中です。

9月からの新セメスターは新スタジオにてスタートします。

3歳からジュニアはバレリーナを目座す子供たちまでをきっちりレッスンします。
指導者全員でミーティングを行い、レッスンの進行と内容について、プリントを作って話し合いをしました。

指導者一丸となって生徒たちに指導します!!



新しいスタジオは前よりも狭くなってしまったけど、ジャンプやトーシューズに心強いHarlequin Floorを入れました。

今年の新セメスターのスローガンは【基礎をしっかり!!】

スポーツも芸術もまずは基本の動きをしっかりやることです。

特にジュニアはターンアウトとフットワーク、そして身体の使い方、引き上げを強化します。

コンクールに出ても一番出来ていないのがターンアウト。そしてフットワーク。審査員にも毎回書かれます。

普段のレッスンでまず身体にコンコンと覚えさせて染み込ませないと、音楽にのせて優雅に踊ったときに正しく出来る訳がないです。




新学期のお申し込み、お問い合わせはスタジオのメールで直接お問い合わせください。

www.hariyamaballet.com





この2週間はオリンピックには沢山の興奮と感動を貰いました。

ぜったい諦めたらダメ!!ですね。日本人は粘り強い!!

そしてやはりそこへ行くまでには練習!!練習するのみ!!

選手たちは皆「この4年間必死で練習してきた。」と言っていました。地獄のような練習を日々貫く、それも4年間、4年後の為に。

相当大変なことですよ。でもそれがあったからこそ、この晴れ舞台。

うちの生徒も少しでもいいからその気持ちを持って日々頑張ってほしいです。


発表会の合同練習のとき。



ハリヤマバレエの多くの生徒は夏休みに日本に帰省する子が多いのですが、そろそろニューヨークに帰っているころかな。

お休み中すっかりバレエを忘れてしまっているのでは・・・汗。。。身体も固くなっているのでは・・・汗。。。

ニューヨークに居た子はハリヤマのサマーレッスンにしっかり通って頑張った子もいるし、個人レッスン受けた子もいます。

ジュニアになっても何週間もバレエもストレッチもしないで平気な子はちょっと残念・・・。。。

日本でもバレエに通っている子もいますが、短期的に受け入れてくれるところを探すのも難しいし、環境的に難しかったり。

そんな場合は、お家で出来ることをやっておかないとね。

来年はバレエスタジオとしても夏休みの宿題だそう。

私は日本に来て姉のワイダンススタジオで教えていました。

元ハリヤマバレエの生徒も受けに来てくれました。

個人レッスンもしました。熱心に何度も個人レッスンを受けた生徒も。すぐ反応して頑張ってくれる生徒、こちらも遠慮なくバリバリ指導しました。





遠方2時間もかけて来てくれた子や、一番遠くからは大分から来てくれた生徒も!

去年、一昨年、サマーインテンシブに参加してくれた生徒たちも来てくれました。

とても嬉しいことです!

来年はサマーインテンシブあるんですか?ぜひ参加したい、と言ってくれる子達もいて、来年の夏の事考えないと!!





ワイダンススタジオでは9月4日に発表会があり、少しリハーサルも指導しました。





演目は白鳥の湖。感情表現と雰囲気を引き出すのが難しい演目です。

ハリヤマバレエで2013年に白鳥の湖の抜粋をやったことを思い出します。もう一度やりたいですね。




あとは個人的に友達に会ったり(全員バレエ関係かも。)、バレエ公演やコンクールを見て夏を過ごしました。

オールスターガラは素晴らしかったなーー。レジェンドバレリーナはやはり素晴らしかった。




そして7月には日本で初めてコンクールに生徒を出しました。Japan Ballet Competitionです。良い結果を出せました。




ALL JAPAN COMPETITION、全日本バレエコンクールも見に行きました。勉強になりました。

そしてワタシ、とうとう今週からはママになる準備です、正期産にはいりました。

比較的まだ身軽な方なのかな。よく動けますねぇ!と沢山の人に驚かれています。

記念に写真を撮っておきました。






でもまだ実際に目の前に居ないと実感ないです。

どんな顔かな。どんな子かな。産まれたら生活が変わるんだろうなぁ・・・どうなるのかな。

楽しみです。

それでは、みなさん又、書きますね〜!

日本は台風上陸中。あまり被害が出ませんように・・・



千年クスの木

NY&日本の近況と8月のクラス

  • 2016.07.27 Wednesday
  • 11:49

こんにちは。

 

ニューヨークの皆さん、日本の皆さん、いかがお過ごしですか?

 

神奈川エリアはまだ猛暑ではなく過ごしやすいです。ここのところ雨が多いなぁ・・・

 

ニューヨークの方がかなり暑いようですね。お水を沢山飲みましょう!

 

 

 

 

 

ニューヨークのクラスの報告。

 


 

 

 

7月から始まった新しいスタジオでのレッスン。

 

鏡がついてスタジオらしくなってきました!

 

始まったばかりで、色々とちょっとしたトラブルがありましたが、ビルの方々は迅速に丁寧に対応してくださっています。

 

アメリカにしてはこの対応は大分マレです!だいたい次の日に対応とかしてくれませんからね・・・。

 

先生方も随時報告してくださって、対応してくださって感謝です。ありがとうございます!!

 

ちょっと、ちょっと、なんと最高級フロアがバーのせいでちょっと穴が開いたとか?!ひえーー!それは止めてーー!


8月のクラスも引き続きご予約下さい。お早めのご予約にご協力お願いします。m(_ _)m 予約方法は直接お問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

私、ハリヤマは今日本にいます。


コーヒーゼリー。

 

 

 

日本のスーパーは綺麗だ。惣菜がたくさんあって見るだけでワクワク!してしまいます。

 

百貨店やモールもキレイ。ゴミがない、商品が床に落ちてない、陳列が整頓されすぎ!(笑)

 

トイレがキレイ。

 

日本食が美味しい。当然だ。

これは激安でも美味しいうどんとかき揚げ。

 

 

 

 

日々ワイダンススタジオを出入りさせてもらっています。

 

レッスンを受けたり、指導したりです。

 

指導は楽しい。

 

昨日のレッスンには元Hariyamaバレエの生徒、現Hariyamaバレエの生徒、サマーに参加してくれた生徒たちが来てくれました。

 

皆が来てくれて本当に嬉しいです。

 

その後はプライベートレッスンも希望した生徒たち1時間ずつ行いました。みっちり、楽しくです!

 

1時間がほんとあっという間です。気がついたら、あら!っていう感じですよ。

 

 

 

こちらはワイダンスのジュニアクラス。

 

 

 

 

 

 

ちなみに来週は8月4日に10時から初級クラス。11時30分から中級クラスを指導します。

 

どちらもオープンクラス。ワイダンススタジオです。

 

参加してくださいねっ!!

 

 

 

 

 

 

ワイダンススタジオでは9月4日に発表会があります。

 

バレエ、ジャズ、タップ、コンテ、ヒップホップなど盛りだくさんです。

 

バレエは白鳥の湖。名作中の名作。

 

私もちょこちょこリハーサルに参加してバリバリ指導させてもらっています。

 

 

 

 

夏の日本は発表会やコンクールが頻繁。

 

昨日はコンクールのバリエーションもみました。

 

発表会というと、元教え子たちが出演している発表会を二つ観に行きました。

 

どちらもタイミング良く見ることが出来ました。

 

 

 

彼女らを教えていたのはもう何年も前の話だけど、やっぱり嬉しいです。

 

彼女らも私が教えていたの何てずーっと前の話だけど、来ると聞くと緊張するらしいです。

 

そして今年の9月から本当に初代のキッズクラスの生徒が海外留学もします。

 

それも嬉しいことです。頑張れ!頑張れ!ずっと応援するよ。

 

 

 


 

 

 

 

と、まぁ、元気にしています。

 

動ける間はバレエに関わって、自分の身体も動かしたいと思っています。

 

無理ない程度にね。ふふふ。

 

 

 

あれから・・・近況と日本滞在

  • 2016.07.13 Wednesday
  • 18:58









皆さまお久しぶりです。











スタジオのあれこれですっかりストレスを溜めた私ですが、何とかゲンキにしています。











飛び上がって喜びたいくらい何事も上手くいくときもありますが、まったく物事が思うようにならないこともありますね。







今まで運がイイ!で進んで来れたのですが、人生、いつも上手くいくわけがない。











山あり谷ありと言う言葉があるのですから試練はあるものです。







その試練は一つずつ、出来ることをして、解決するしかありませんね。

















さて、子供クラスは7月からサマークラスを開講しています。











移転先の新しい借りスタジオでの開講ですので場所をお間違えのないように。







サマークラスは1回ずつのお申し込みで受講可能です。









受講の方法はこちらの投稿をご覧ください。







http://mamisensei.jugem.jp/?eid=2233



































ワタシはと言うと、今週日本に戻りました。







しばらく滞在することになります。







ニューヨークに住んで13年、指導を初めて10年、スタジオを開いて6年、初めての長期日本滞在です。











これもニューヨークの頼もしい先生方のお蔭。







安心してお任せさせて頂きました。ありがとうございます、そして宜しくお願いします。







とは言え、頻繁すぎるくらいに連絡は取り合っております。便利な世界ですよね。ちょっと便利すぎるかな・・・。笑。





















日本滞在中は出来るときには指導もしたいと思っていますし、日本のバレエ公演にも足を運びたいと思っています。







東京、横浜、静岡を主に行き来して過ごしますので、お会いできると嬉しいです。







ですのでぜひお気軽にご連絡ください!















早速ですが、ワイダンススタジオでの指導をさせて頂きます。









http://www.y-dance.com/











ずーっと日本でボーっとする訳ないですよねー。













7月19日、火曜日、午前10時から 基礎バレエ







7月26日、火曜日、午前10時から 基礎バレエ













とりあえず上記2クラス。







オープンクラスです。ハリヤマのキッズブルー位からであれば受講可能ということです。



スタジオに直接お越しください。







皆様のご参加お待ちしております!お会い出来ることを楽しみにしています!











滞在中は、個人レッスンもスケジュールさせて頂いていますので、ご希望でしたらご連絡ください。











こちらは前回ワイダンスでレッスンした時の写真。































さて、日本に到着し、早速ですがコンクールの引率へ行きました。







指導者としては初めての日本のコンクールへの参加でした。







今回は生徒一人の引率でしたので慌ただしいこともなく、日本のコンクールの様子をしっかり味わうことが出来ました。











今回は石川県でのJapan Ballet Competitionに参加しましたが、予めしっかりと予定や規定、当日の流れが参加者に知らされていました。それがその通りに滞りなく運営されているところが、さすが日本!きっちりしている!困る事がありませんでした。







アメリカでは訳が分からないことがあったり、突然の出来事、変更は当たり前ですから。。。。。











参加した生徒はまだ小学1年生でコンクールには出なくても良い年齢ですが、とてもヤル気のある生徒。







本人のヤル気と意志をかって今回の出場になりました。







初めは周りの参加者に圧倒され、場当たりも一度に皆が行うので、それに圧倒されて全然動けず場当たりになりませんでしたが、この子は本番は大丈夫と感じておりました。









場当たりではあまり場所を確認できなかったので何度も舞台袖から場所の使い方を説明。とはいっても1年生がどこまで分かるのやら。。。でもこの子は大丈夫!







そして本番、ちゃんと場所の使い方も上手に笑顔で踊ってくれました。

































結果、1位を頂きました。(芸術点、技術点、総合点すべて1位。1位の生徒に与えらえる指導者賞も頂きました!)





わたしも初めての日本コンクール参加で良いスタートとなりました!









コンクール結果







http://jbcex.jp/result/ishikawa2016/



























飛行機から一歩降り立った瞬間に日本の❝湿気❞を感じましたが、気温はまだ耐えられます。











ここからが日本の夏本番だと思うので夏バテしないように気を付けましょう!











それではまた★






2016年指導始動。さあ今年はどうなる!?

  • 2016.01.08 Friday
  • 05:47






アメリカでは1月2日から学校や仕事が始まりますが、今年は土日を挟んだので4日からスタートしました。

日本の皆さんも始まりましたよね。







改めまして、



2016年

あけましておめでとうございます。



本年もどうぞよろしくお願い致します。







1月2日の日の出です。







2015年の年末はプライベートレッスンをみっちりと行った年末でした。











生徒によっては2時間のプライベートレッスンを行い、バーレッスンからみっちり。



グループレッスンで注意している事の繰り返し部分も多くありますが、グループレッスンでは一人の生徒の為にクラスを止めてそこまで突き詰めることはなかなか出来ませんし、

プライベートレッスンは一対一ですから、お互いに一分一秒気が抜けません。





じっくり間近で生徒を凝視して新たな癖を見つけたり、更に細かく生徒を見て指導することが出来るので、生徒も色々なことを自覚出来ると思います。













コンクールに出る生徒の為の個人レッスンも行いました。コンクールに出る生徒は個人レッスンが増えます。



年末の個人レッスンは充実し、生徒に感動させられました。

これが毎レッスン続けばどれだけ良いのに!とも思いました。







コンクールはそう簡単に出られません。



まず本人の強い意思が固まり、保護者の支援を受けることが出来、本人、保護者、そして指導者はたくさんの時間を費やし、かなりの労力を使います。お金もかかります。これら幾つもの条件が揃わないといけません。



だから「友達が出ているから。」「楽しそうだから。」「勝ちたい。メダルが欲しい。」などと言った理由でコンクールに出るのは了承できません。







【コンクールに出なくてもバレエは上達できるし、バレエに関わり続けることは出来ます。】



生徒に『何故出たいのか』をいつも確認します。



コンクールに向かう理由、

『上達を目指す。もっとバレエに時間を費やしたい。自分にチャレンジする。経験を積む。』



これらが聞かれれば良いと思います。











指導者は生徒に上達して欲しいです。当たり前です。だから生徒がバレエをやりたい!と思う意思にはとことん答えたいです。これは生徒が子供でも大人でも同じです。

そのきっかけがコンクールなら今のところは答えようと思っています。



【もっとバレエをやりたい。バレエに関わりたい。上達したい】=【コンクールはそのきっかけ】=【レッスンを増やす。個人レッスン、リハーサルをする。】







ニューヨークでは大きな舞台一つに出るのも簡単に出来ません。

以前も書いたように会場一つ借りるのはとても大変です。

コンクールは大きなシアターで踊ることが出来ます。



練習を積んて、やっと立てる大きな舞台、よい経験。













年末の個人レッスンで感じたのは、子供たちの真剣さ、あの目、その素敵さでした。



普段はふざけあったり、子供の子供です。しょっちゅう私にアレコレあれこれ言われる子供たちです。





でも一対一でレッスンをするときの生徒はピリッとスイッチが変わる。



真剣。

一生懸命。



10歳やそこらで既にこんなに真剣になり、何かと向き合い、何かを頑張ろうと出来ることが素晴らしい。







【勲章をあげたい】と思いました。

私にとってはこの姿が【金メダル】だと思いました。









だからこれを感じた時にコンクールに出ることがまた複雑に思いました。



これだけ一生懸命頑張っても入賞出来るのは数少ない。

子供たちが挫折するかもしれない。親が勘違いするかもしれない。





コンクールの成績で見切りをつけたり、挫折をするのは、私にはとても悲しい事に思えます。





コンクールでは完璧に踊らないと良い点数は得られません。テクニックが決まれば点数も上がるかも知れません。

でもバレエはそういうものじゃないと思います。



バレエそのものは完璧さやテクニックを求めるものではなく、音楽と踊りが融合してダンサーの感性が全身で表現される美しい芸術です。













年末年始のお話しのはずが、コンクールの話しになってしまっていますが、子供の頑張る姿にグッと来ました。



コンクールまであと2カ月ちょっとですが、まだまだ進歩してほしいところは沢山ありますから引き続き日頃の真剣にレッスンを積んでもらい、苦手な所に何度もチャレンジして頑張ってもらいます。



あとは生徒が舞台でそのレッスンの成果を見せてくれたらハッピーエンド、【金メダル】です。















ラトビア・スウェーデン・エストニアのダンスフェスティバル研修から帰って来てのどの調子が悪く、年末はキッズキャンプとプライベートレッスンを私も頑張りましたので年始はユックリしました。









2016年最初のイベントはウィンターパフォーマンス。1月10日です。

6歳から大人の生徒が出演します!



ソロ・バリエーションを初めて踊る子供たちがいます。みんなワクワクしている様子です。

わたしは最後の最後までカカト前!かかと前!とほえています。笑。



アルビンエイリーはタップダンス禁止なのでタップ板を持ち込みます。ゆみ先生が試行錯誤してタップ板を用意してくれました。

みんなの踊りが楽しみ楽しみ。











今回は大人の生徒がちょっと少なく寂しいです。

もともと大人クラスから始まったハリヤマバレエ、また大人クラスも賑やかにしたいと思っています。





去年の冬は体調を崩していたので、その辺りから教えるクラスを再調整して、フル稼働を抑えたりしています。

時間と体力の使い方が上手になりたい2016年・・・。





ウィンターパフォーマンスが終わったら3月末のコンクール。





そしてスプリングパフォーマンス!!

詳細も決定しました!

とりあえずウィンターパフォーマンスを無事に終わらせることが出来たら発表しますね。

残念ながら候補であったローズシアターはちょっと手が届かないため、今回は欲張るのは辞めます。



ここは10周年か何かの大きなイベントまで取っておきましょう!それまで私も皆も頑張って成長しましょう!













スプリングパフォーマンスが終わったら、サマーキャンプ、サマーインテンシブ!



キッズキャンプは6月29日〜7月の2週。

サマーインテンシブは7月25日から3週間と考えています。



今月中には募集始めますね!



サマー2015年の様子。









サマーインテンシブが終わったら、新学期は9月から。



そして2016年12月は【くるみ割り人形】の上演を目指しています!!

会場からは5月〜7月の間に返事が来ると言われています。なんてアバウトな・・・。



でも出来る気がしますよ。



出来る!やる!と思っていれば大体そうなるんですよね!



楽しみ!楽しみ!





これはラトビアのツリーです。









なんて書いていると2016年の予定はもう一杯ですねぇー。笑。

合間に日本やバケーションにも行きたいな。



自分の2016年の抱負もちゃんと叶えられますように。自分の抱負は秘密?

3つくらいはあります。

抱負をちゃんと叶えるには言ってるだけじゃダメですねー、行動しなくちゃ。はい!







今年も楽しく元気に少しずつでも成長しながら歩めたらいいなと思います。

色々な知識を増やし、人生を濃くしたいな。

本年もどうぞよろしくお願い致します。針山真実







週末の追加レッスン

  • 2015.12.06 Sunday
  • 18:08
今週の日曜日は追加レッスンでした。


もうすぐ海外研修&国際ダンスフェスティバルに生徒3人と出席するので、まずはそのリハーサル。
顔の向き、手の位置など修正と確認を繰り返します。

それからコンクールのレッスンとウインターパフォーマンスのソロバリエーションのレッスン。


あっと言う間に外は暗くなっていました…>_<…


ポアントで踊るのは難しいですね。
立つのも、身体をまとめるのも、筋力が必要だ。
みんながどうしたらもっと良く踊れるか、一人一人身体も違うし、それぞれ癖もあるし、どう助けてあげられるか、先生も考えてますよ。

生徒もこうじゃない、ああじゃない、考えながら練習しましょう。
試行錯誤の練習の末にはちゃんと結果がついてくるはずです!

ではまた明日。

夢と現実の合間で発表会の会場探し

  • 2015.12.04 Friday
  • 05:14
発表会の会場探し。

あぁーーーーーー・・・・と言いながら前向きに行動してます。

そりゃ、お金をドンっと出してしまえば難しくないかもしれませんが・・・。





でも根本、

バレエを楽しめる環境、そして長く続けていける環境にすることがモットーですから。



豪華な舞台、豪華な衣装。それがバレエが夢のような世界に見える素敵なところ。

でもスクールである以上、発表会の費用は生徒から頂かなくては出来ません。



バレエを習い始めたばかりの子供たち、趣味でバレエを楽しみたい人、兄弟姉妹がいてお金が沢山かかるご家庭もある。

だから¥10万¥20万とかけなくても出来る発表会を作ってきました。

ウチのこれまでの費用は全て含めても¥10万の半分以下です。





ピュアにバレエが好きな人たちにバレエを続けてもらい、バレエから得られる沢山のものを得てもらい、バレエの素晴らしいところをもっといっぱい知って愛してもらいたいと思っています。







低コストで抑える、でも質素にやっている訳ではないですよ。

これまでパキータや白鳥もやりましたから。

子供たちも色んな演目やりました。

そこそこ踊れる舞台で、客席からちゃんと素敵に見える衣装でやっています。

衣裳もピンからキリまでありますからね。そりゃ¥20万の素晴らしい衣裳もあります。でも毎回買います!?





もっと上を目指す生徒、プロになりたい生徒もいますから、色んな経験が出来るように保護者や周りの理解と協力を得てコンクールや海外研修の機会にも参加しています。





でも発表会、もう少しグレードアップさせたい、というのは本音。

もう少し広いところで。

でもそのもう少しグレードアップ・・・の会場が無いんです。

ドンっ!!とグレードアップする会場しかないんです。





えい!!頑張っちゃおう!!!と思うワタシと、踏みとどまるワタシ。

悩むなぁ!!

そして空いていないのも事実。何か所聞いたか?わからないけど今残っているのは2個!!!





ちなみに春の発表会の日程は2016年5月29日、6月5日、6月12日の3日に絞ってます。





それから来年2016年冬は【くるみ割り人形】をやろうかな!

アメリカのバレエスクール!冬はくるみ割り人形をやらなくちゃ。

冬が来た!くるみ割り人形!を生徒に味わってもらいたいな。

でも普通のくるみ割り人形はやりません。

ニューヨーク中、アメリカ中で【くるみ割り人形】やってますから。

一風変わった今までに無い【くるみ割り人形】。

めっちゃ楽しい【くるみ割り人形】。

アイデアが頭にモコモコと湧きあがって来ています。

わくわく!





で、こちらの会場探しも始めています。

と、言うか借りたいと思っている会場があるんです。

ところが、会場からは「お返事は来年7月になります。」とか冷静に言われちゃって。。。

来年7月!!??? 遅っ!!!

会場なんて普通1年前に抑えたいってのに、大体早すぎます〜〜って返事される。





あー、どうなるかな。

実現できるといいな。楽しいだろうな。いろいろ大変だろうな。笑





どうなる会場!



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM