YAGP【ユースアメリカグランプリ】の記録

  • 2013.04.18 Thursday
  • 00:10
ユース・アメリカ・グランプリ・ニューヨークシティー・ファイナルの予選が開催されています。

4月12日〜18日までユース・アメリカ・グランプリ・ニューヨークシティー・ファイナルが開催されています。 日本やブラジル、ヨーロッパ、そして全米各地で行われたユース・アメリカ・グランプリ・地区予選を通過したダンサーたちがニューヨークに集結しています。

いまニューヨークはバレリーナ、バレエダンサーの期待の星たちが集まっていてアツイですよ!!
チャコット・ウェブマガジン・ダンスキューブにもコンクール記事が掲載されますので楽しみにしていてください。 ダンスキューブの方には公式写真も掲載されますし、今夜行われるファイナルと明日行われるガラの様子をご報告いたします!!


12日〜16日まではニューヨークシティー・ファイナルでの予選が行われ、選び抜かれた数少ないダンサーが17日の最終ラウンド、『ニューヨークシティー・ファイナル』のファイナルに出る事が出来ます。

年々地区予選の参加人数が増え、レベルも上がってきており、さらに今年はこのコンクールを舞台にしたドキュメンタリーフィルム【ファーストポディション】が放映されてこのコンクールが世界的に知られたため、参加者が増えて予選通過が困難になりました。


12日〜16日まではSkirball centerで毎日夜10時過ぎまで予選が行われ、いくつかを見に行きました。
このコンクールはリハーサルが無く、カテゴリーごとにいっせいに舞台の上に上がって少し練習時間が与えられた後てすぐ本番なので、舞台の場所の使い方が上手く出来ていないダンサーもいて、舞台の右端ばかりによって踊ってしまったり、後ろの方ばかりで踊ってしまったりしていました。


個人的な意見ですが沢山回転して不安定な着地になるなら回転を1回減らしてでもキレイに安心してポーズする、足を振り上げるよりも少し低くてもよいので美しいラインが見られる方が良いと思いました。

でもコンクールは2分間で自分の全てを出し強烈な印象を残さないといけませんから、どうやってアピールするかの加減は難しいかもしれません。

多くの日本人のダンサーは踊りも振り付けもとても良くて、ポーズとポーズの間の繋がりがとてもキレイで正確に踊っていましたし、衣装のセンスも美しく、派手すぎず、メイクもとてもキレイでした。
やはりクラッシックバレエの基本が正しく出来ているダンサーは見ていて気持ちが良いですね。

リハーサルのスケジュールやクラススケジュールが急に変わったり、決戦進出者の発表は16日深夜に発表されると言われていましたが、女性ジュニアの部だけが16日夕方に発表され、その他は決戦当日の朝まで発表されなかったりで、ダンサーたちは焦ったりハラハラしたり、落ち着かない様子でしたが、これもコンクールでは起こりえる事です。
特に海外のコンクールでは覚悟しておいたほうがよいことですね。


ハリヤマバレエスタジオでストレッチするハンナとエミリア
お父さんとお母さんの協力による拷問?!
DSC01632.JPG
DSC01633.JPG メイクをして予選の準備をする二人。
いよいよ出番が近づき真剣な二人。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM