YAGP' ユースアメリカグランプリ決勝 【ジュニア・女子の部】感想

  • 2015.04.17 Friday
  • 02:05
ユースアメリカグランプリ決戦





ジュニア・女子の部】


#5 - Conner Hamilton

ジゼルよりバリエーション。

ジゼルらしい細くて可憐な少女。将来性があり丁寧な足使い、やわらかいアームスの使い方に好感。





#7 - Juliette Bosco

グランパクラシックよりバリエーション。

強い足は筋肉が出来上がっており、軸もぶれない。12才かと疑いたくなる完成度と堂々とした踊りには驚かされる。体力と筋力を要する後半のバロネの連続技にはダブルターンも入れ、徐々に高く上げた足とつま先は突き刺さるよう強さ。最後のマネージも強さと勢いがあり感心。





#10 - Luiza Almeida

フロリナ王女のバリエーション。

丁寧な踊りで腕の使い方や指先からフロリナらしさが見えてくる。足のアンデオールがよく開いており美しく、最後は正確にバランスをとりつつダブルターンを美しく回った。





#14 - Elisabeth Beyer

ジゼルよりバリエーション。

大人びた容姿のジュニアが目立つ中、12才らしい容姿と可愛らしさがあり、チャーミング。踊りはポディションは正確で、足のアンデオールがよく開いていてアラセゴンドが大変素晴らしく、音楽によくあった観客への見せ方を自然と心得ていて気持ちよかった。





#22 - Kotomi Yamada

ダイアナのバリエーション。

感性豊かで伸び伸びと踊る将来性のあるダンサー。パンシェの伸びがとても美しくダイナミック、アチチュードターンは地面とまっすぐ平行に保たれた足のラインが素晴らしい。中間の難易度の高いアラセゴンドターンからのアンデダーン・ピルエットでバランスを少し崩したのが惜しかったが、失敗もあまり気にさせない。最後のアントルラッセも空中でキレイに足が入れ替わり感心した。





#23 - Nicole Denney

パリの炎のバリエーション

スピード感がありキビキビとメリハリがある踊り。バロネの連続技の速さと、速くても足先やポールドブラが綺麗だったのが印象的。





#26 - VIctoria Papa

パリの炎のバリエーション

先ほどのニコールに比べ彼女はダイナミックなパリの炎。エネルギーに溢れた踊りで笑顔も印象的。





#27 - Eri Shibta

オーロラ姫のバリエーション。

アームの使い方がやわらかくて手先まで細やかに行き届いており、胸の使い方もとても美しい。とても丁寧に一つ一つのステップを見せ、ポイントワークも美しくバレエの基本と確実さを見せた。





#33 - Bridgit Walker

ドンキホーテよりキトリのエントランスのバリエーション。

白と黒のピアノを思い浮かばせる衣装。足がとても長いダンサー。体の使い方も大きく全身を360度使って踊っているような印象。キトリの思い切りのよさ、ハツラツさを十分に見せた。





#40 - Moorea Pike

オーロラ姫のバリエーション。

足のラインのとても美しいダンサーだが残念ながら音楽に常にずれていたのが気になった。





#42 - Bella Kirby

ライモンダよりバリエーション。

彼女も足のライン、甲がとても美しい。一つ一つのポーズのラインも美しく、このコントロールを要する大変難しいバリエーションをバランスをしっかりと取ってポイントで立ったところからのロールダウンもしっかり出来ており丁寧に踊りを見せた。





#50 - Maggie Chadbourne

海賊よりバリエーション。

ターンが非常に安定しており軸が地球に垂直に突き刺さったように真っ直ぐ。大柄なダンサーで踊りから見てもとても13歳とは信じがたい。中間のアラセゴンド・ターンからフェッテに入れるコントロールもすばらしく、アラセゴンドターンの軸、体の位置、足の伸び、ラインとも全てがよく出来ていた。





#69 - Martina Prefontaine

ドルシネア姫のバリエーション。

足を高く上げるのではなく丁寧に足を出し、丁寧にポワントから降り、一つ一つを正確に見せる。エファッセ・ドゥバン・アチチュードからアラベスクに入るフェッテの体と足の運び方が非常にはっきりとしっかり見せていたのが印象的。最後のシッソン・アラベスクからアチチュードにポワントに立ち上がるところのシッソンの高さが驚くほどの高さで脚力と強さも見せ付けた。





#70 - Talia Fidra

ダイアナのバリエーション

足がとても長くて容姿が絵に描くバレリーナのよう。初めのアラベスク・パンシェのラインは圧巻。一つ一つのポーズが絵になり将来が楽しみ。





#73 - Alina Borisova

フロリナ王女のバリエーション。

ロシアン・メソッドが見て取れる。初め部分は全てアラベスク・フェッテだったがフェッテの角度が向きを変えきれておらず、アラセゴンドのように見えたのが残念。中間のエシャッペからアチチュードにはいるアチチュードのラインは美しかった。





#76 - Shin - Yong Kim

エスメラルダのバリエーション。

出だしのエシャッペから目が釘付けになる。足のライン、火のついたような強さ、エネルギーを感じる。

軸の強さ、ステップの正確さは完璧と言ってもよい。


初めの高く上がったアラセゴンドからパッセに持ってくるその瞬間だけでこんなに目を奪われたことは無い。そして最後のバロネは弓矢のような足の美しさと強さ、そしてバランスも文句なしでタンバリンを完璧に扱い、会場は大きな歓声で沸いた。





#77 - Natalie Thornley - Hall

バヤデールよりガムザッティのバリエーション。

細く華奢なダンサーだがジャンプは空中に浮いていて、飛ぶと足がパッと開くので印象的。将来性のあるダンサー。





#78 - Anastasia Miller

ドンキホーテより森の女王のバリエーション。

足の甲がアレッサンドラ・フェリを思いださせる。そして初めのアラセゴンドで見せるところの足の高さが180度を越えていて観客からどよめきが起こる。最後はイタリアンフェッテを音楽の最後の最後まで続け、高く上がる足、そこからフェッテで正確に正面まで振り向き、一つ一つ完璧なアチチュードのラインとポーズを決めて見せたのは大変感心した。



#88 - Lucy Christodoulou

バヤデールよりガムザッティのバリエーション。

一番初めのアラセゴンドは200度位まであがり、少し上げすぎ感すらある。飛ぶとまた足が220度くらいまで開く柔軟性に優れたダンサー。しかし音にすこしずれているのが残念。





#90 - Maya Wheller

ライモンダよりバリエーション。

とてもしなやかで上品、ジュニアの部とは思えないステップとステップの繋ぎ、流れの美しい踊り。股関節がとても開いていてターンアウトが完璧で背中の使い方も美しい。





#102 - Bomin Kim

オーロラ姫のバリエーション。

初めのアチチュードの足のライン、背中、腕のライン、全てが美しく100点。ピンクのキラキラした華やかな衣装。中間のシッソンもつま先まで美しく伸びており、脚力もある。ポディションも大変正確で美しい踊りで好印象。





#104 - Yeojin Shim

エスメラルダのバリエーション。

アラセゴンドが180度上がっている。そしてピルエットでは4回転を2度決めて気持ちよく快感のポーズ。最後のバロネは徐々に足を上げていきバランスの強さと軸の強さを存分に見せ付け会場を沸かせた。





#105 - Chihiro Kobayashi

海賊よりバリエーション

一つ一つのステップとステップの間もすきが無く、常にラインがつながった踊りで14歳とは思えないほど大人びている。上体や胸の使い方も美しくコーディネーションが良い。まとまった完成度の高い踊りだった。





#106 - Tessa Hartman

オーロラ姫のバリエーション。

足のライン、甲が美しく、将来性の高いダンサー。良い意味で14歳らしさがあり年齢に相応しいところが好印象で何故かホッとさせられた。





#108 - Yuria Isaka

オーロラ姫のバリエーション。

足の甲の美しさにまず目が奪われ、ポワントで立った足からの丁寧な降り方にぶれが無い。上半身もとても上品で、ポイントワークも丁寧。全てにおいて基本が正確に出来ているのは日々の努力のたまもの。最後のピケターンのマネージのスピードも素晴らしかった。




コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM