遠方から片道2時間と渡辺謙さん

  • 2015.07.11 Saturday
  • 10:30


生徒はみんな生徒です。

どこから来ても有り難い生徒です。



写真はマウントポコノスあたりで行った電車型したレストラン。
電車の写真が使いたかったので。。。




今まで最短距離に住んでいた生徒は38丁目の5&6アベのお宅。(スタジオは39丁目の5&6アベ)

1ブロックのみ。

ビルをよーいドンっ!で出たとして走れば30秒??

もし20階に住んでいたとしたらエレベーター呼んで、飛び乗って、スタジオの階段を3階まで駆け上がっても5分以内!?

便利ですねぇ。私も住みたいわ。


で、先日お話しした生徒さんの事実!

思わず、「はるばる遠くから有難うございます!!!」、と言ってしまいました。






だって片道2時間!!

6時半に起きて、片道2時間!!

コネチカットから往復4時間!!!


本当に有り難いことです。

生徒はみんな、どこから来ても大事な生徒ですが、往復4時間には驚かされました。

しかも今週は2回もいらっしゃいました。



マンハッタン内の皆さん、もう何があっても文句は言えませんよ。

ちなみに遠い人ほど時間通りにちゃんと来るんですよ。(チクリ)

スムーズに移動できないことも予想して余裕を持ってお家を出てますから。

マンハッタン内の生徒のほうがギリギリだったり、もしくは遅刻!!!(コラァ!!)





ジュニアの生徒もプリンストンから1時間半、クイーンズから1時間半かけて通ってきて、けっこう時間かけて通っている子がいます。



ちなみに週末のニューヨーク地下鉄の経路やスケジュール変更はこの通り。
余計に時間がかかりけっこうな迷惑です。






サマーインテンシブの海外組みには今年はシンガポールから1人。

タイから1人。

ブラジルから1人。

そして日本から8人参加。

飛行機で14時間の旅!!

みんな遠くから来てくれます。
待ってまぁす!!







ところで昨日は渡辺謙さんご出演のKING and I を見てきました。



気になっていたのですが、知人もかなりお勧めしてくれて、さらにNHKのプロフェッショナルを見てもっと行きたくなりました。


小さいときからバレエやミュージカルのレッスンを重ねて、その人たちがミュージカル舞台に出るのとぜんぜん違います。


すごく勇気の要るチャレンジだったと思います。


謙さんは素晴らしい俳優さんです、でもミュージカルには歌があり、踊りがあり、しかも英語。
それが、毎日、生の舞台。


チャレンジされる謙さんはとても一生懸命に取り組んでいて、本当に努力されていて、その姿をテレビで見ていて感銘しました。


私もチャレンジしなきゃ!!
謙さんみたいに一生懸命生きなきゃ!!と思いました。




謙さんが番組の最後に『プロフェッショナルとは、諦めないこと。
与えられたものを、与えられた環境でベストを尽くすこと。』と言っておられました。


謙さんはこれまで色々な役を与えられ、その一つ一つにベストを尽くしてきたんだと思います。




バレエでもまったく同じことが言えると思います。

その日、その時与えられた課題、与えられた踊り、与えられた役柄、どんなものでもベストを尽くせる人でなければダンサーとして成功できません。






渡辺謙さんは7月12日までのご出演でギリギリ昨日9日に見てきました。

久しぶりのミュージカル。

とても楽しめました。

ストーリーもわかりやすかったです。

トニー賞をとったケリーはさすが歌がお上手でした。透き通る声に正確な音程。

謙さんもアメリカ人に通用するアメリカンな演技をされていて、動きがすっかりアメリカのミュージカル役者でした。

そして王様のお姿がとってもお似合いで、立派に、コミカルに王様を演じていらっしゃいました。





ミュージカルはセットが立体的で舞台転換も早く、その転換方法にもアイデアが満載で面白いです。

バレエも立体的なセットを使って、セットの間を踊りぬけるようなものがあっても面白いかも。

King and I アンサンブルのみなさんの踊り、歌、そして振り付けもとても良かったですよ。







客席にはテレビでお見かけしたことがある芸能人の方もいらしていましたがお名前わからず・・・。

皆さん謙さんを見にいらしたのですね。







バレリーナで女優になられた草刈民代さんも見に来ていらっしゃいました。

生徒をつれてベルリンコンクールへ行った時に審査員をされていてお話しさせていただいたのは何年前だったかな。

それからセサミンのコマーシャルに草刈さんが出演された際に母が黒鳥のBGMをピアノ演奏しました。

私の知り合いが草刈さんの共通の知り合いでもあって、ちょこちょこご縁があるような気がしているので、ご挨拶させて頂きました。







もしかしたら謙さんはまた春に戻ってこられるかもしれないとのこと。

町でもしお見かけ出来たら感想をお伝えしたいなぁ、なんて思います。


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM